コラム

銀行カードローンでお金を借りる条件について

投稿日:

いざ、銀行でお金を借りるには、最低限2つの条件をクリアしておく必要があります。最近では銀行が無担保無保証でお金を借りる事ができるカードローンの販売に力を入れており、気軽にお金を銀行で借りる場合に銀行のカードローンを選ばれる方が増えてきています。そのカードローンへの申込条件がこれから紹介する2つになります。

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること

この2つの条件を満たしていないとお金を借りる事はできません。

安定した収入と聞くと正社員という印象かもしれませんが、パートの主婦の方やアルバイトの学生またはフリーターなども、定期的に安定して収入があれば条件に当てはまります。

銀行には先ほど紹介したカードローンとは別に、他にも多くのローン商品があります、初めてお金を借りる場合はカードローンがおすすめですが目的がはっきりしている場合は目的ローンの方が低金利でお金を借りる事ができる事も少なくない為しっかりと見極めてローン商品を選ぶ事が重要でが、今回は誰でも手軽に利用できるカードローンを中心にこちらの記事では紹介します。

銀行と消費者金融のカードローンの違いは?

銀行のカードローンと消費者金融の違いは金利やサービスの内容が違います。一般的に実質年率の設定が低いとされるのが銀行カードローンです。

お金を借りるなら利息の負担はなるべく少ないところを選びがちですが、それだけを見てお金を借りるのは、あまりおすすめできません。特徴をしっかり把握してどちらが自分に合っているかを判断しましょう。

また、消費者金融と銀行カードローンの違いとして、適応されている法律が異なり、2016年ごろまでは銀行カードローンは総量規制外で年収の3分の1以上の借入も行う事が出来ていましたが、2017年春に銀行カードローンの社会的問題が表面化し、国からの指導や過度な貸し付けにならない様に銀行が自主的に総量規制を取り入れる対策を取っています。

こういった事が表面化して現在では銀行カードローンは審査が非常に厳格に行われており、厳しい状態となっているのが現状です。

消費者金融カードローンの特徴

銀行カードローンの特徴

カードローン申込みについて

カードローンを利用するのに必要な書類は本人確認書類と収入証明書です。

印鑑証明や連帯保証人・担保なども必要ありません。申込み方法もカードローンサービスによってたくさん準備されています。電話・ネット・店舗・郵送等あなたの都合に合わせて利用する事が出来ます。

最近の傾向で言うと、ネット申込が支流となっています。24時間申込みができ審査結果は来店不要で確認する事ができるので、審査落ちした場合の無駄足がなくなります。

今すぐお金が必要な時だから、効率よく融資先を探す為に複数の会社に同時に申込みする人がいますが、複数の申込みはおすすめしません。複数申込みすることで審査に落ちる可能性が高くなります。

-コラム
-, ,

Copyright© カードローンでお金を借りる! , 2017 All Rights Reserved.